はじめに

    平成25年12月に、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
    私は、日本の食文化が世界の無形文化遺産に登録されたことは、この国で生まれ育った人の一人として、大変うれしく感じるだけでなく、誇らしいことと思っています。

    一方、今現在、日本の家庭の食卓に、日々「和食」がのるかと振り返ると、そこには全く違う姿があります。 多くの児童が、朝食をとらないまま登校するという話も聞きます。

    人の身体の今現在の状況は、生まれてから今までの食生活によって決まります。
    誰もこの基本から逃れることはできません。

    しかし、両親が毎日職場に出かける今現在の日本を考えたら、昔の家庭での食生活に戻るべきという主張は、現実離れしているし、乱暴だと思います。

    人は食べなければ成長しないし、健康にもなれないし、長生きもできない、この事と向き合い、家庭の料理のあり方を考えるのは、各家庭で行うこと。

    そんなことを考えているうちに、私が訪ね歩いている、日本国内の優れた食料生産者を紹介することを思いつきました。

    土、水、気候といった自然と向き合い、自然の力を活かし、美味しさを追求し、日々工夫を重ねながら「食糧・食料」を生産している人たちが日本各地にいらっしゃる。
    ゆっくりでもいいから、こういう人たちと生産されたものを紹介しようと思い立ちました。

    このブログで、ゆっくり紹介して参ります。
    写真は私の素人写真ですが、ご覧頂き、何かのヒントやきっかけにしていただければと思います。
  • 「人の今現在の身体状態は、生まれてから今日まで、自分の口から入ったモノ、つまり毎日の食事の結果なんだよ」と、私は小さい時から教えられてきた。私の父も母も、親が医師だったので、幸いにして私はこういった大事なことをいち早く知ることができた。しかしながら、なぜか、私たちは日頃何気なく「衣・食・住」と言っている。 私はある時、これは違うだろうと思い始めた。本当は、「食・住・衣」という順番が正しいのだろうと... 続きを読む
  • 3.11東日本大震災で、210年の歴史を全て流された、陸前高田の醤油醸造元「八木澤商店」を訪ねてきた。毎年秋には訪ねてきたが、昨年はコロナの影響で訪れることが出来なかった。店主ご夫婦と、私たち夫婦は、食に対して同じ思想を持つ仲間だが、それを超えた絆で結ばれているように感じている。メディアでも全国に伝えられたが、試験場に奇跡的に210年伝えられてきた「もろみ」が残っていた。そのお陰で、八木澤商店の210年が未来... 続きを読む
  • 「出汁を引く=素材の旨味を引き出す」ための食材は、多々あります。しかし、日本で出汁といえ鰹出汁と昆布出汁が基本でしょう。ということで、以前から気になっていた産地を訪ねてきました。その場所は、三重県志摩市大王町の「波切」です。鰹のいぶし小屋は、太平洋に面していますが、周りの景色は動画写真の通りです。 このブログをご覧になっていらっしゃるかたは、きっと「エッ!、三重県?」「違うんじゃない? 鰹節と言っ... 続きを読む
  • 今しばらくは、様々な生産者を訪ねることが出来ないので、今回は昨年訪ねた、自然海塩の生産者を紹介します。新潟県の「笹川流れ」と呼ばれる場所で、その海塩は作られています。非常に透明度の高い日本海の海水を、小ぶりな釜でゆっくり煮詰めて、様々な微量ミネラルが含まれている、何とも言えない、ふくらみのある美味しい「塩」が出来あがります。味見用の塩の脇に、何と籠に一杯の茹で卵があるではありませんか。当然、この塩... 続きを読む
  • 今現在(2020年春)は、東京から他府県への出張を控えているので、昨年晩秋に訪問した「味噌蔵」について、報告させて頂きます。私が訪ねたのは、愛知県岡崎市にある「八丁味噌」の製造者「まるや八丁味噌」です。隣には、同じく江戸時代以来ずっと、互いに切磋琢磨してきた、八丁味噌製造者・「カクキュー」があります。今では、この2社だけが「八丁味噌」の伝統製法を守り抜いています。 「八丁」の由来は、徳川家発祥の地「岡... 続きを読む

岡山晄生

--Okayama Akio----------
株式会社リバーライト代表
調理道具研究家・家庭料理アドバイザーとして講演・執筆活動なども行なっている。著書に『料理のきほん食の常識』(グラフ社)等


料理の基本/食の常識
アマゾンにて取扱い